床鍋養鶏 森の中の鶏舎から食卓へ

富山県小矢部市で卵の生産、販売をしています、床鍋養鶏です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事です

新聞記事

あすかりんさんの「おやたま食堂」が3月19日の富山新聞に掲載されてました。
「たまご掛けご飯」の紹介で我が床鍋養鶏の3種類のたまごが記事になってました。
あすかりんさんの食べログでも紹介されてます



卵は小矢部市にある床鍋養鶏さんが手塩に掛けて育てたもので、「マリンエッグ」、「とこたまα」、「くりからハーブたまご」の3種類から1つ選べるようになっています。それぞれ違う飼料を与えて育てられた鶏の卵なので、栄養価や味わいが微妙に異なるんですよ。

「マリンエッグ」は、魚エキスを注入した飼料で育てた鶏の卵です。飼料にミネラル分などの栄養素を強化することで、卵にもそれらの成分が行き届き、従来の卵と比べると、DHAとEPAは約3.5倍、ビタミンEは約4倍、ヨウ素は約4倍と成分値が高くなっています。黄身が濃厚なため、甘めのお醤油が良く合いますし、魚エキスで育てられているだけに、鰹節や海苔といったトッピングが相性良く感じられました。

地元のお米とエゴマで育てた鶏の卵「とこたまα」は必須脂肪酸のα-リノレン酸が豊富。
「くりからハーブたまご」はオレガノなどのハーブで育てた鶏の卵で、ナチュラルでさっぱりした味わいが特徴的。

最初の一口で卵のポテンシャルの高さを確かめ、口いっぱいに広がる幸せに浸ったら、あとは思いのままにすすり込むべし。うまさに箸が止まりません。するする胃袋に収まるため、気が付いたら大盛りご飯が空になっていました。


ありがとうございました



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokonabe.blog.fc2.com/tb.php/20-caaef614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。